HOME 研修・プログラム チームビルディング研修・合宿 チームビルディングの目的 新入社員向けチームビルディング

新入社員向けチームビルディング

チームで困難を乗り越える力をつける

新入社員向けチームビルディングは「ベーシック」「イニシアチブ」「アクティベーション」の3ステップで構成され、これらを段階的に実施することで、実戦で活躍できる人材を効率的に育成します。
それぞれのステップで必要な行動変容(習慣化された行動パターンを変えること)を引き起こす最適なアクティビティ(体験学習)を行います。
新入社員はじめ、組織に加わったばかりの人間が、ビジネスパーソンとしてのあり方を学び、体験することによって深く理解し、自分のものとして体得する事を目指すプログラムです。

こんなときに・・・

  • ● 新入社員同士がお互いに信頼し合い、助け合えるような関係性をつくりたい。
  • ● 主体性を持って動き、会社に貢献できる人材を育てたい。
  • ● 自分から率先して課題を見つけ、解決する力をつけてほしい。
  • ● 報告・連絡・相談はもちろん、人と上手くコミュニケーションが取れる人材を育てたい。
ねらい
  • 互いに信頼し合い、時には本音でぶつかり合うことのできる関係性を築く。
  • 社会人として、組織で働く際のあり方を考える。
  • 自ら率先して動き、他者に働きかけることの重要性を体感する。
※お客様のご要望に応じて、カスタマイズいたします。
● 対象者
新入社員、内定者、中途採用社員
● 時間
1日~3日(1日へのアレンジ可)
● 人数
10名~50名
● 会場
屋外、研修室等

進行例

当日
ステップ1:ビジネスパーソンとしてのあり方を学ぶ「ベーシック」
[ 所要時間1日 ] ビジネスパーソンとしてのあり方をアクティビティを通して、考え、学ぶ。仕事をやり遂げること、チームの一員として責任を果たすということを考え、学ぶ。
翌日
ステップ2:率先的に行動できる人材を育てる「イニシアチブ」
[ 所要時間1日 ] 夢中になったアクティビティ体験から、どういう時に自分が主体的、率先的に行動するのかを知る。学んだことを体験課題(アクティビティ)の中で実践しながら、仕事の場で活かせるように、体得する。明日から実践できる行動指針/目標を作成する。
3か月後
ステップ3:仕事の場での実践を学びに変える「アクティベーション」
[ 所要時間1日 ] 仕事の場での3ヶ月の実践後、自らの行動指針/目標を振り返る。同期の仲間同士の対話の中で、実践できたこと、できなかったことを確認し、更なる実践への意識を育む。周りから頼られる人材になること、また頼りあえる関係を作ることを学ぶ。
法人向けサービスメニュー 個人向けサービスメニュー チームビルディングカフェ 各種資料のダウンロード
ご相談・お問い合わせ
チームビルディングプログラムのお問い合わせは、こちらのフォームからどうぞ