HOME Teambuilding+(チームビルディングプラス)

Teambuilding+(チームビルディングプラス)

組織を機械としてではなく、生き物としてとらえた新しい組織変革プログラム

 

組織を機械としてではなく生き物として捉える。

過去の組織づくりは組織を機械として捉え、その故障や問題点を特定し、パーツを取り替えたり、修理したりといったアプローチが取られていました。

Teambuilding+(チームビルディングプラス)は、人の集まりである組織を一つの生き物として捉え、その体質改善によって健康な状態を保つ、新しい組織開発プログラムです。

 

組織の体質改善を行います。

組織の問題の多くは、組織文化から生まれています。組織文化はその組織に属する人たちに共通する「あたり前」の考え方であり、行動です。組織文化はなかなか変わるものではないと思うかもしれません。しかしこれを変えてゆく有効な方法があります。

一人ひとりの日常の小さな行動(習慣)にフォーカスした組織の体質改善です。

日常の習慣を変えることから組織の体質改善、つまり組織文化の変容を実現します。

 

 

プログラムの構造

 

 

チームコーチによるサポート

⇨考え方を理解する

⇨行動指針を設定する

⇨チームでお互いにサポートし合う

毎月、チームコーチが入る2時間の定例セッション。進捗を確認し、必要に応じて再設定を行ったり、思いを新たにする

メンバーの実践

毎日 実践を続け、簡単な行動記録をつける 一週間ごとにチャットやアンケートフォームなどで「実践してみてどうだったか?」などを共有し、お互いフォローし合う

 

導入セッション

レクチャー①

■ 「チームビルディングとは」
■ 「どんな組織を作るのか」

組織の現状ワーク

■ 少人数に分かれカードを使って組織の現状を話し合い、全体でシェアする。

チームアクティビティ

■ オンライン業務の疑似体験から日常に活かす気づき。一緒に夢中になって取り組むことによる一体感醸成

リフレクション 対話

■ チームごとにアクティビティの振り返りを行い、全体でシェアする。

組織のありたい姿ワーク

■ 少人数に分かれカードを使って組織のありたい姿を話し合い、全体でシェアする

レクチャー②

■ 「日常の実践に反映する」(行動変容)

実践する習慣の決定

■ 毎日継続するストレッチした習慣を決める

 

定例セッション

振り返る

■ 実現したい状態
■ そのためのアクション
■ 何%くらい出来たか?
■ やってみた感触、感想は?

視点を混ぜ合わせる

■ 他のメンバーに聞いてみたいこと
■ 他のメンバーから聞いてみたいことやコメント

行動を再確認する

■ 今後どうするか?

 

 

ご相談・お問い合わせ

「Teambuilding+(チームビルディングプラス)」についてのお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームからどうぞ。 

 

※オンラインでのご相談、お打合せを実施しております。 

Teambuilding+ 研修・コンサルティング Teamwork+ イベント・研修 テレワーク向けチームビルディング サポートプログラム
お問い合わせ
   チームビルディングプログラムの選び方、料金、空き状況など、お気軽にお問い合わせください。