HOME スタッフブログ 理論・考え方・ツール アクティビティの安全管理

アクティビティの安全管理

2018/11/15

投稿者:

スタッフのハルです。
今日は安全の視点について書こうと思います。
チームビルディングジャパンのプログラムではアクティビティと呼んでいる、体を動かすプログラムを行っています。
体を動かすときには、どうしても怪我をする可能性も出てきます。
過去の経験も踏まえ、チームビルディングジャパンではプログラムを実施する前には「危険予知」を、終わった後には「安全振り返り」をこんなシートを見ながらしています。

シートもだんだんと改善をしていて「危険予知」を実施する際には、以下のようなポイントでも話しておきます。
・アクティビティや会場特性、参加者やスタッフの状況、疲れやすい時間帯、靴など服装などを考慮する
・コーディネーターも含め、安全のためどのような点をサポートしあえるかを確認する

安全振り返りの際にはひやりとしたことだけではなく、以下のようなことも話しています。
・誰のどのような行動が安全を守るのに重要でしたか?
・他のスタッフに伝えたい安全管理の知恵、視点は?

マイナスだったことの改善だけでなく、安全を守るためにやったことの重要性を確認するのも大事です。

アクティビティでは一見安全そうに見えても、意外なところで危険性があったりして、日々学んでいます。

近いうちにチームビルディングのファシリテーターが集まって、安全管理について話す時間も取ろうかという話をしています。




チームビルディングジャパンの研修・プログラム

コンサルティング
研修・合宿
イベント
DIYキット
プログラム開発支援(チームワークプラス)

お問い合わせ・資料ダウンロード

チームビルディングの研修・プログラムのご依頼・ご相談は、お電話かお問い合わせフォームからどうぞ

お問い合わせ


メールマガジン登録

河村甚の連載コラムをメールでお届けします! メールマガジンを登録する
Teambuilding+ 研修・コンサルティング Teamwork+ イベント・研修 個人向け公開勉強会 チームビルディング・カフェ
お問い合わせ・資料ダウンロード
   チームビルディングプログラムの選び方、料金、空き状況など、お気軽にお問い合わせください。