HOME スタッフブログ 理論・考え方・ツール 変なテーブル?

変なテーブル?

2018/10/10

  

投稿者:

今日の研修会場のテーブルはこんな感じ。
マガタマ型で、2つ合わせると丸くなるタイプ。

コの字やロの字で会議しようとしたり、スクールスタイルでもちょっと使いづらさを感じるかもしれないこのカタチ。
でも、制約に縛られずアイデアを出し合ったり、格式張らない自由な話し合いの場などにはピッタリ。
やはりテーブルがピシッと硬く、縦横まっすぐだと、話し合いも硬くなりやすく、柔らかな曲線の方が柔らかい話し合いになりやすいです。

 

テーブルの形やそのレイアウトから、人は結構影響を受けていて、目的によってうまく使い分けられると効果も上がります。
例えば、たくさんコミュニケーションを起こしたい、多様な意見が欲しいという時に、ロの字やコの字のレイアウトでは、いくら「自由闊達な意見を」と言われても距離感と場に出る緊張感もあって発言しにくくなります。

アイランド型のセッティングではテーブルを囲む人数も6人くらいとなって、話しやすくなります。

目的に合わせて話し合い方、会場レイアウトなどもデザインすることで話し合いの成果もガラリと変わります!




チームビルディングジャパンの研修・プログラム

コンサルティング
研修・合宿
イベント
DIYキット
プログラム開発支援(チームワークプラス)

ご相談・お問い合わせ

チームビルディングの研修・プログラムのご依頼・ご相談は、お電話かお問い合わせフォームからどうぞ



メールマガジン登録

河村甚の連載コラムをメールでお届けします! メールマガジンを登録する
法人向けサービスメニュー 個人向けサービスメニュー チームビルディングカフェ 各種資料のダウンロード
ご相談・お問い合わせ
   チームビルディングプログラムの選び方、料金、空き状況など、お気軽にお問い合わせください。
03-5577-3938
営業時間:平日 9:30~17:30