HOME 河村甚の連載コラム 第39回『ひとりの小さな行動が組織を変える』

第39回『ひとりの小さな行動が組織を変える』

2020/07/23

「チームビルディング」とは、チームづくりのこと。組織(チーム)をより良くしていくということです。

チームビルディングのための取り組みやアプローチはいろいろありますが、今回はそのうちの一つをご紹介します。


組織をより良くしていくとき、組織に起こっている問題は、組織構造に起因していることが多々あります。

「ピラミッド型組織」「フラット型組織」などの組織構造が、現在の環境とマッチしていない、あるいはその組織が取り組む課題と組織構造がマッチしていないことによって問題が起こっていることが実は多いのです。


古くから続いている企業には、ピラミッド型の組織構造である企業が多く見られます。

これらの企業ができた頃は、ピラミッド型の組織構造で非常にうまくいっていました。
というより、その頃の環境に適していたからこそ、ピラミッド型組織が生まれました。

 

ピラミッド型組織は今もそのまま続いてきています。しかし、社会環境は主に2つの点で大きく変わりました。1つは社会やビジネス環境の変化のスピードが格段に早くなったこと、もう1つは組織よりもその中にいる一人ひとりの個が大切にされる社会になってきたことです。

そういった社会環境の中で最近立ち上がった企業は、元々フラット型の組織構造である企業も多いです。なぜなら、フラット型組織の方が現在の社会環境で生き延びていくのに適しているからです。


主に上記2つの点でフラット型組織の方が都合がいい環境である現在、ピラミッド型に縛られた組織構造で困っている人たちもいます。

例えば、コロナの影響により在宅勤務が増えていますが、最近のテレワーク環境、これも組織構造と関連しています。

ピラミッド型組織は人を管理します。正しく、間違いなく、全員が同じことをやろうとするのがピラミッド型です。
例えば、テレワークでも全員が同じ時刻に出勤し、タイムカードで時間管理をして、全員が一緒に働こうとします。
そのためにシステムを導入したり制度を変えたりしていますが、実際にはなかなか難しく、苦労しているようです。

一方、フラット型組織は、人を管理するのではなく、人を活かすという考え方です。「全員一緒」ではなく一人ひとりが「自分らしさ」を活かして働くことを大事にします。

一人ひとりの「らしさ」は、テレワーク環境下ではこれまで以上に活かしやすくなります。

コロナ禍においては在宅でテレワークをしている人が多いので、働く場所は縛られ、本来のリモート勤務よりも自由度が下がってはいますが、それでも今までよりずっと、自分自身のプライベートと働く場が融合して、仕事用の仮面をかぶらない、自分らしい自分に近い状態で仕事をするようになってきました。ノーメイクでカメラをオフにしてオンライン会議に参加したり、カメラオンで会議に参加している後ろで子供が駄々をこねていたり、会議中でも呼び鈴が鳴って中座して宅配便を受け取ったり。
家で家族といる時の顔と、会社で仕事している時の顔が融合してきている人たちも多いと思います。


組織づくりがうまくいかない理由が組織構造が環境に合っていないことなのなら、組織構造を変えればよさそうなものですが、そう簡単ではありません。

ピラミッド型大会社の頂点にいる人が危機感を持って「私たちは変わっていかなければいけない!」と強く発信しても、根付いた組織文化はなかなか変わらないのです。

ピラミッドの頂点にいる人が一人で頑張ってもうまくいかない。組織構造を変えるのはそれぐらい大変です。
大変なことに変わりないのですが、組織のトップでも、どの立場の人でも自らチームづくりを始めることができるのもまた事実です。

誰かが変えてくれるのを待っていては変化は起こりません。でも自分一人で組織をひっくり返すような大それたことを始めることも難しいでしょう。それでも、たった一人の本気の思いから組織づくりを始めることができる道筋をご紹介します。

 

チームづくりを始めるときに知っておきたいポイントが2つあります。

1つ目は、「組織文化がチームをつくっていく」ということ。
チームは能力や役職などパーツを組み合わせてできるものではありません。組織文化がチームをつくります。

2つ目は、「日常の行動やあり方が習慣化、定着化して組織文化が生まれる」ということです。
私たちの行動は属する文化の影響を受けて生まれるものですが、その逆もまた真です。組織(チーム)をつくる文化は、我々一人ひとりの日常の行動やあり方から生まれてきます。つまり我々一人ひとりの日常の行動が変わることが、組織の新しい文化をつくります。

「そんなことで組織は変わるのか」と思われるかもしれませんね。
しかし、一人の行動から組織は変わります。

チームメンバーのあり方や行動は、直接一緒に仕事をしている他のチームメンバーに影響を与えます。そして、一緒に仕事をしている人たちのなかで定着したものがやがて組織文化となっていきます。

あなたがチームの一員としてチームにどう関わるか、どのようなあり方で仕事をするかは、一緒に仕事をしているチームメンバーに影響を与えています。
一人で始めたことが、自分のまわりの人に伝染して、さらにもっとまわりの人に伝染して、そして組織全体に広がっていくことにつながります。

 

あなたの行動によって、組織が変わるのです。

 

今回は、自分一人で組織を変えるのは大変、変えられない、と思うかもしれないけれども、実は一人で始めることができるということをお話ししました。

次回は、一人ひとりの日常の行動やあり方が変えるために、実際にどうしたらいいかについてお伝えします。




Teambuilding+ 研修・コンサルティング Teamwork+ イベント・研修 テレワーク向けチームビルディング サポートプログラム
お問い合わせ
   チームビルディングプログラムの選び方、料金、空き状況など、お気軽にお問い合わせください。