HOME 河村甚の連載コラム 第60回『情熱の源泉』

第60回『情熱の源泉』

2009/11/12

  
チームづくりレシピ

情熱はチームを動かすエネルギーです。いてもたってもいられないような情熱を持ったチームでなければ目指すゴールへはたどり着けません。しかしただ「情熱を持て!」と言われても、何の根拠もなく情熱が沸いてくるわけではありません。情熱には情熱の源泉があります。それは情熱の反対語を考えることで見えてきます。

「情熱」の反対語は「冷静」ではありません。冷静さは情熱と掛け合わせて活用されるべき大事な要素であって、それを打ち消したり否定したりするものではありません。「情熱」の反対語は「怠惰」です。

怠惰な人は、やらなきゃいけないこともやらない

情熱を持った人は、やらなくていいことまでやってしまう


怠惰な人は行動を起こす意義を感じないから怠惰になってしまいます。それはその行動によって起こる変化に何も期待していないからです。なぜそうなのかといえば、行動の結果、どういう自分になっているか、未来のあるべき姿が見えていないからとも言えます。

反対に情熱的な人はがむしゃらに動きます。それによってたどり着くべきゴールをしっかりと見ているから、何とかしてたどり着こうと必死で動くのです。現状にとどまって、あるべき未来の姿を見ることもないのはつらいから動くのです。

情熱の源泉はあるべき未来の姿と、現在の姿の間のギャップにあります。あるべき未来の姿を見ている人は現在の姿とのギャップを感じ、それがエネルギーになります。あるべき未来の姿が見えていない人はギャップを感じないためエネルギーは生まれません。

チーム全体で情熱を共有するためには、チームで思いを一つにして向かってゆけるゴールの共有が必要です。




チームビルディングジャパンの研修・プログラム

コンサルティング
研修・合宿
イベント
DIYキット
プログラム開発支援(チームワークプラス)

ご相談・お問い合わせ

チームビルディングの研修・プログラムのご依頼・ご相談は、お電話かお問い合わせフォームからどうぞ



メールマガジン登録

河村甚の連載コラムをメールでお届けします! メールマガジンを登録する
法人向けサービスメニュー 個人向けサービスメニュー チームビルディングカフェ 各種資料のダウンロード
ご相談・お問い合わせ
  チームビルディングについてのお問い合わせは、お電話かお問い合わせフォームからどうぞ!
03-5577-3938
営業時間:平日 9:30~17:30